header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内

合本讃歌 大自然讃歌・観世音菩薩讃歌 谷口雅宣著 定価(本体1296円+税) 日本教文社発行

●自然と人間との一体感が深まる『大自然讃歌』と『観世音菩薩讃歌』の合本が携帯しやすい手帳型経本で登場!
本製品は、谷口雅宣・生長の家総裁の経本『大自然讃歌』『観世音菩薩讃歌』の内容を合わせて収録し、これに「新生日本の実現に邁進する祈り」を加えたものです。両讃歌の携帯版のご要望にお応えし、手のひらサイズの手帳型として発刊しました。


→

ひかりの言葉<平成28年版> 定価(本体574円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

自然と調和し、物事の明るい面を見る
「日時計主義」の生き方で新たな一年を!


『ひかりの言葉』は、自然の恵みに感謝し、物事の明るい面を見る「日時計主義」の生き方を、1カ月・31日分の言葉で伝える、壁掛け式の日めくり暦です。
言葉は、毎年新たに生長の家総裁・谷口雅宣先生、前総裁・谷口清超先生、創始者・谷口雅春先生の著書の中から精選されております。
毎朝、その日の言葉を読むだけで、わずかの時間に生長の家の説く真理のエッセンスを学ぶことができ、心が明るく元気になると好評です。
 
→

英文入り ひかりの言葉<平成28年版> 定価(本体574円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

英語の勉強にもなる「英文入り 日めくりカレンダー」
『ひかりの言葉』の主文を英訳して下欄に載せました。英語に関心のある方、中高生のお子さんをお持ちのご家庭におすすめです。近年、英語学習熱の高まりとともにお買い求めになる方が多くなりました。また、『ひかりの言葉』は日本語にすべてフリガナがついていますので、日本語を学ぶ外国の方にも喜ばれています。
→

万物調和六章経 谷口雅春・谷口雅宣著 定価(本体741円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●万物調和の自覚が深まる手帳タイプの経本!
人間が自然を破壊せずに、欲望を適切に統御する生き方を実践するために、神の世界の万物調和を観ずる祈り6篇を収録。

→

平和のレシピ 谷口純子著 定価(本体1389円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●世界を幸せにする、新しい暮らしと食のスタイル
私たちがどのように暮らし、何を買い、何を食べるのかは、世界の平和に直接影響を与える。本書は、すべてのいのちと次世代の幸福につながる、新たなライフスタイルを提案する。

→

宗教はなぜ都会を離れるか?――世界平和実現のために 谷口雅宣著 定価(本体1389円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

人類社会が「都市化」へと偏向しつつある現代において、生活の中で「都市」と「自然」のバランスを取ることの必要性を詳述。宗教は今こそ都会を離れ、自然に還り、世界平和に貢献すべき時期に来ていると強調している。
→

生活について〈エマソン選集3〉 ラルフ・ウォルドー・エマソン著/小泉一郎訳 定価(本体3500円+税) デジタル・オンデマンド版

神秘主義の山巓から山麓の世俗世界へ下ったエマソンが、現実の諸問題に対処して、英知にあふれた生活指針を示す。これらの諸篇は彼の円熟した思想を伝え、彼の思想の本質を理解させるだろう。

→

個人と社会〈エマソン選集4〉 ラルフ・ウォルドー・エマソン著/原島善衛訳 定価(本体3600円+税) デジタル・オンデマンド版

奴隷問題が表面化し、南北問題が勃発した。アメリカの内乱は、多くのアメリカ知識人の場合と同様、エマソンにとっても大きな試練となった。ここにエマソンの社会批評家としての一面を表す論文を収めた。

→

美について〈エマソン選集5〉 ラルフ・ウォルドー・エマソン著/斎藤 光訳 定価(本体2600円+税) デジタル・オンデマンド版

エマソンの美学思想は彼の中心思想から派生したものであるといえるが、その中心思想は物質と精神の象徴関係を想像力により把握するところから出発した。

→

代表的人間像〈エマソン選集6〉 ラルフ・ウォルドー・エマソン著/酒本雅之訳 定価(本体2300円+税) デジタル・オンデマンド版

人間である限り可能性としては誰でもがすべて偉人なのだと説く本巻は、人間に宿る魂の現れ方をそれぞれに代表する六人の偉人により論じている。

→

たましいの記録〈エマソン選集7〉 ラルフ・ウォルドー・エマソン著/小泉一郎訳 定価(本体3800円+税) デジタル・オンデマンド版

兄弟のなかでも最も凡庸な才能の持ち主とみられたエマソンが、劣等感や病弱など、数々の不幸を克服して、絶対的な自己信頼を強調する立場に到達するまでの、彼の歩みの刻々を、本書のなかにたどることが出来る。
→

心理学について―教師と学生に語る〈W・ジェイムズ著作集1〉 ウィリアム・ジェイムズ著/大坪重明訳 定価(本体2700円+税) デジタル・オンデマンド版

「教師への講話」と「学生への講話」にわかれ、前者はジェイムズ心理学の核心を分かりやすく要約。後者は精神生活の弱点を警告する篇と民主主義を論ずる篇とからなる。

→

信ずる意志〈W・ジェイムズ著作集2〉 ウィリアム・ジェイムズ著/福鎌達夫訳 定価(本体3900円+税) デジタル・オンデマンド版

心理学者から哲学者への移行期に公にされた宗教および道徳に関する講演と、雑誌論文10篇を彼自身が一巻にまとめた一般向け哲学論集。中心テーマは、哲学的立場からの信仰および道徳的信念の正当づけである。
→

プラグマティズム〈W・ジェイムズ著作集5〉 ウィリアム・ジェイムズ著/桝田啓三郎訳 定価(本体3500円+税) デジタル・オンデマンド版

プラグマティズムは、もっともアメリカ的なものの考え方であり、今日のアメリカ社会と文化を築き上げてきた基調である。それを初めて対系づけ、ヨーロッパの伝統的な思考方法を打破した不朽の名著である。

→

多元的宇宙〈W・ジェイムズ著作集6〉 ウィリアム・ジェイムズ著/吉田夏彦訳 定価(本体2400円+税) デジタル・オンデマンド版

本書はドイツ観念論の影響から抜け出そうとする当時の欧米哲学界の状況を紹介しながら、宇宙が多元であるという彼の理論を展開する。思想史的にも興味深い書物である。

→

哲学の諸問題〈W・ジェイムズ著作集7〉 ウィリアム・ジェイムズ著/上山春平訳 定価(本体3500円+税) デジタル・オンデマンド版

ジェイムズの哲学は体系をなさないのが基本的な特徴といってよい。しかし、思想の体系化に無関心であった訳ではなく、晩年にこの仕事に着手したが、死によって中断された、未完の体系である。

→

衣服の哲学〈カーライル選集1〉 トマス・カーライル著/宇山直亮訳 定価(本体4200円+税) デジタル・オンデマンド版

ドイツの大学教授トイフェルスドレックの書いた「衣服の哲学」の草稿を贈られたイギリスの編者(カーライル自身)が苦心して編纂整理するという内容。われわれの肉体は精神を包む衣服である喝破する。

→

英雄と英雄崇拝〈カーライル選集2〉 トマス・カーライル著/入江勇起男訳 定価(本体2900円+税) デジタル・オンデマンド版

世界的に知られている名作。1860年に六回にわたって行なわれた講演を刊行したもの。史上偉大な役割を果たした人々をその活動分野に従って六つに分け、あくまでも透徹した批評精神によって、人の外的事情と内的心理の変化を忠実に描き出す。

→

過去と現在〈カーライル選集3〉 トマス・カーライル著/上田和夫訳 定価(本体4300円+税) デジタル・オンデマンド版

カーライルの社会批評。十二世紀の修道院長サムソンの奇跡を書きしるした年代記を読んだことが契機となり、「過去」との対照において「現代」の社会的危機を痛切に指摘したもの。
→

妻と友へ〈カーライル選集4〉 トマス・カーライル著/入江勇起男訳 定価(本体4100円+税) デジタル・オンデマンド版

苦悶時代の恋人であり、のちに妻となったジェーン・ウェルシュとの書簡、およびゲーテ、ディケンズ、エマソンなど、彼が胸襟を開いた親友たちへの書簡を収めて、カーライル自身のたましいの躍動を感じさせる。

→

文学と人生〈カーライル選集5〉 トマス・カーライル著/高村新一訳 定価(本体3800円+税) デジタル・オンデマンド版

カーライルは、当時の物質功利主義の風潮の中で静かに自己の仕事に励む誠実な人間がもっとも必要であると信じた。この見地から幾人かの文学者を選んで文学批評を試みた。

→

歴史の生命〈カーライル選集6〉 トマス・カーライル著/宇山直亮訳 定価(本体3600円+税) デジタル・オンデマンド版

近代の歴史は、単に驚異と未知の世界への興味をみたすための王侯貴族の歴史ではなく、人類を描き出し、経験によって教える哲学であり、さらに無数の伝統の精髄でもあると説いている。

→

続精神分析入門〈フロイド選集3〉 ジグムンド・フロイド著/古沢平作訳 定価(本体2600円+税) デジタル・オンデマンド版

夢と神秘主義・女性ということ、夢理論の修正と宗教に対する見解。
フロイドの分析学は各学会に異常な衝撃を与えた半面、多くの誤解も招いた。本篇は前講義(『精神分析入門』上、下として本になっている)の誤解を打破するための補足と夢学説の修正と、さらに拡大された自らの思想をあとづけるフロイド晩年の労作。
→

自我論〈フロイド選集4〉 ジグムンド・フロイド著/井村恒郎訳 定価(本体3700円+税) デジタル・オンデマンド版

精緻な臨床観察の結果、人格を超自我・自我・エスに三分解し、その情欲エネルギーと理性の絶えざる葛藤の実態をついて、集団がもつ破壊本能をみごとに洞察した。近代自我心理学に変革をもたらした書。
→

性欲論〈フロイド選集5〉 ジグムンド・フロイド著/懸田克躬訳 定価(本体3600円+税) デジタル・オンデマンド版

性——この語義が劣情の代名詞として曲解されつつある現代。男女性心理の革命家フロイドの冷徹な臨床観察の結晶たる本書の学理は古典的格調と権威をもって性の実態を明示するとともに性の真の解放を与える論文と言えよう。
→

文化論〈フロイド選集6〉 ジグムンド・フロイド著/吉田正己訳 定価(本体4300円+税) デジタル・オンデマンド版

現代の文化社会に潜在する崩壊の先ぶれ、人間の自己破壊性と悲劇性。フロイドはこの現象の源流を未開社会人の慣習性風俗に求め、独自の分析法であざやかに論破してみせる。
→

芸術論〈フロイド選集7〉 ジグムンド・フロイド著/高橋義孝/池田紘一訳 定価(本体4000円+税) デジタル・オンデマンド版

人々が表面的な芸術論を繰り返している時、フロイドの鋭い目は作品の深部に根ざす謎を看破した。本書の“異端者の美学”は問題をはらみながらも現代人の文化ペシミズムを超克する道を明示する。
→

宗教論—幻想の未来〈フロイド選集8〉 ジグムンド・フロイド著/吉田正己訳 定価(本体3700円+税) デジタル・オンデマンド版

歴史的カトリック教を俎上にのせ、現代人の不安強迫を分析、全ヨーロッパに非難をまきおこしたフロイド学独自の論断。とくに“人間モーセと一神教”は、独創的な研究として有名。
→

ヒステリー研究〈フロイド選集9〉 ジグムンド・フロイド著/懸田克躬訳 定価(本体4200円+税) デジタル・オンデマンド版

社会生活が複雑をきわめればきわめるほど、人間心理はそのメカニズムに毒されてきた。特に女性のヒステリー現象に関する原因を鋭くえぐり出した理論は、興味ある名著として有名である。
→

不安の問題〈フロイド選集10〉 ジグムンド・フロイド著/加藤正明訳 定価(本体3500円+税) デジタル・オンデマンド版

神経症患者ではなくとも“不安”は現代人一般に適用する心理現象である。それに付随する悲哀・メランコリー・同性愛・恐怖感等…。フロイドは卓抜した外科医的手腕でその病因を手術する。
→

生活心理の錯誤〈フロイド選集13〉 ジグムンド・フロイド著/浜川祥枝訳 定価(本体4200円+税) デジタル・オンデマンド版

ふと物忘れする。日常だれでも経験する、この度忘れ現象の背後には深い心理的なカラクリがかくされている。フロイドの鋭い分析によって、読者は自分の心をのぞき見ることができる。
→

愛情の心理学〈フロイド選集14〉 ジグムンド・フロイド著/高橋義孝訳 定価(本体2900円+税) デジタル・オンデマンド版

自慰・同性愛・マゾヒズム等の人間心理の深奥にひそむ性の問題は、ともすると忌むべきものとされてきた。フロイドはこれを分析し、俗に愛といわれるものの奥底にうごめく心理を分析する。
→

精神分析療法〈フロイド選集15〉 ジグムンド・フロイド著/小此木啓吾訳 定価(本体4300円+税) デジタル・オンデマンド版

精神分析の方法と構成の仕方、分析の今後の可能性などについて精密な理論を展開し、精神分析医、一般医家に数々の示唆を与える技法論および精神分析学概説。フロイドの遺稿となった著書。
→

症例の研究〈フロイド選集16〉 ジグムンド・フロイド著/小此木啓吾訳 定価(本体4300円+税) デジタル・オンデマンド版

フロイドの精神分析理論は、臨床医学としていかなる効果をあげているのか。この疑問に対して俊才臨床家フロイドは各種の症例を示しつつ、その研究的所見をもって答え、分析理論の卓越せることを述べている。
→

自らを語る〈フロイド選集17〉 ジグムンド・フロイド著/懸田克躬訳 定価(本体2800円+税) デジタル・オンデマンド版

有名な「自己を語る」を含む、精神分析運動史ともいうべき書。
画期的理論である精神分析学はどのような過程を経てきたのであろうか。斯学の完成者としての著者が語る精神分析の歴史はそのままフロイドの自叙伝ともいえよう。フロイド研究者必読の書。
→

人間のタイプ〈ユング著作集1〉 カール・グスターフ・ユング著/高橋義孝訳 定価(本体2500円+税) デジタル・オンデマンド版

自己喪失ーこれは現代人がみずから貼つけた皮肉なレッテルである。フロイトを超えるユング独自の分析法は、複雑な人間タイプを余すところなく分析、内向型・外向型の秘密をみごとに捉えた。

→

現代人のたましい〈ユング著作集2〉 カール・グスターフ・ユング著/高橋義孝/江野専次郎訳 定価(本体3500円+税) デジタル・オンデマンド版

集合的無意識、心理的関係としての結婚、人間の心と母なる大地——ヨーロッパ思想界をリードするユング心理学の大綱。
→

こころの構造―近代心理学の応用と進歩〈ユング著作集3〉 カール・グスターフ・ユング著/江野専次郎訳 定価(本体2900円+税) デジタル・オンデマンド版

フロイド、ジョイス、ピカソを引き合いに出し、人間心理のゆがみ・破滅・創造・希望・性本能など、魂の構造部を明快に教示する。
→

人間心理と宗教〈ユング著作集4〉 カール・グスターフ・ユング著/浜川祥枝訳 定価(本体2500円+税) デジタル・オンデマンド版

人間の救いは東洋にあるーと断定してヨーロッパ学界を騒がせたユングの宗教思想を集約。相反する精神病理学と宗教にひとつの調和点を与えた本書は、ユング学理と魂の偉大さを雄弁に物語る。
→

人間心理と教育〈ユング著作集5〉 カール・グスターフ・ユング著/西丸四方訳 定価(本体2900円+税) デジタル・オンデマンド版

最新の分析的心理学の教育への応用、子どもの精神葛藤、秀才とは何か、童話のあり方など、ユングの清潔な良心と知恵を結集。▶心理学と教育/分析心理学と教育/お伽噺における精神/付録・結語…ほか。

→

谷口純子監修 こども日時計日記・夢のつばさプラスシール 定価(本体95円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

見ているだけでワクワクするような愛らしいシールが盛りだくさん!――このシールは、『こども日時計日記』に付いている「こども日時計日記シール」や『こどもカレンダー 夢のつばさ』の「ニコニコシール」が足りなくなったときの補充用として発売されました。

今、シールは専門店があるほど子どもたちに人気のアイテム。生長の家の明るい「プラスシール」で、『こども日時計日記』や『夢のつばさ』に喜びをプラスしましょう。
→

こども日時計日記 谷口純子監修 定価(本体286円+税) 生長の家発行/日本教文社発売




●日時計日記」に、「こども版」が誕生しました!
子どもたちが自由に書ける、フルカラーの楽しいノート型日記帳です。


子どもたちが毎日の明るい出来事や、かんばったこと、感謝、そして未来の夢を楽しく書ける自由型のフルカラー日記帳!一冊60日分。シールを貼りながら、楽しく日記をつけられる、新しいタイプの日時計日記です。
→

生長の家ってどんな教え?――問答有用、生長の家講習会 谷口雅宣著 定価(本体1333円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

「なぜ?」を大切にして信仰を考えよう――。著者の生長の家講習会における講話と参加者との質疑応答の記録を掲載。唯神実相、唯心所現、万教帰一を柱に教えの真髄を現代的かつ平明に説き明かす。
→

観世音菩薩讃歌 谷口雅宣著 定価(本体1619円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●観世音菩薩を直感的に感得するために!

“生長の家の礼拝の本尊”とされる観世音菩薩について説き明かした長編詩を日常の読誦に適した典雅な経本として刊行。
※讃歌の前後に「観世音菩薩を称うる祈り」(谷口雅春作)と「自然流通」(谷口清超作詞)を掲載。
→

大自然讃歌 谷口雅宣著 定価(本体1429円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●自然と人間との一体感を深めるために!
生物互いに生かし合っている自然界を讃嘆し、自然即我≠フ実相に目覚めしめる長編詩を 日常の読誦に適した経本として刊行。
※讃歌の前後に「自然と人間の大調和を観ずる祈り」(谷口雅宣)と「水と森の歌」(谷口清超作詞)を掲載。
→

おいしいノーミート 四季の恵み弁当 谷口純子著 定価(本体952円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●人気ブログ「恵味(めぐみ)な日々」のお弁当がたのしいレシピ本になりました。
・毎日、夫のために心をこめて作ったお弁当から厳選。
・肉類を一切使わない、体にやさしい自然食材のメニュー。
・日々をワクワク生きる著者の暮らしを写真と文で紹介。
→

次世代への決断−−宗教者が “脱原発”を決めた理由 谷口雅宣著 定価(本体1524円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●地球温暖化、気候変動、放射能汚染の根因は人類の欲望にある−−。次世代のために自然と調和した文明を構築するための道を示す希望の書。
“脱原発”からすべての生物が共存共栄する“新しい文明”の樹立へと導く人間の心のあり方と生き方を明示する、深い問題提起を含んだ一冊。
→

うぐいす餅とバナナ 谷口純子著 定価(本体1429円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●人も自然も豊かに生きるために
自然を守り、世界の人々の幸せにつながる道がここに。物事の明るい面を見つめ、日々の「恵み」に感謝する日時計主義のエッセンスをあなたに贈ります。

→

谷口雅宣短編小説集2 こんなところに…… 谷口雅宣著 定価(本体1238円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●その物語は一通のメールから始まった……
見知らぬ女性から突然届いたメールから始まった主人公の心境の変化を描いた表題作「こんなところに……」ほか、言葉の力、善と悪、生命倫理、生物多様性など、現代人が直面する問題を小説やショートショート、童話の形で軽妙に描く25編。2003年刊『神を演じる人々』に続く短編小説集。
→

詩集 光の四季 渋谷晴雄著 定価(本体1905円+税) 生長の家発行/日本教文社発売




●自然と人の真・善・美をうたう、「光の詩人」待望の新詩集!
存在するものすべてへの祝福をこめて
読者の心と自然のいのちが触れ合う、みずみずしい詩の世界。
生長の家長老である著者による、約70年間にわたる詩業のうちから、自然・信仰・家族への愛・四季の美など6つのテーマで89篇を精選。
第U部のエッセイ「詩作の世界へ」では、生長の家の教えとの出会い、詩人としての歩み、自然との不思議な合一体験、そして、人生の光明面を詩に表現することが、私たちの人生をいかに美しく豊かにするかを語る。
「技能や芸術的感覚を生かした誌友会」の参考書としても好適!

→

“森の中”へ行く――人と自然の調和のために生長の家が考えたこと 谷口雅宣・谷口純子著 定価(本体952円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●なぜ“大都会”から“森の中”へ移るのか――
●人間至上主義の現代文明に一石を投じる書!
 生長の家国際本部は、2012年度(平成24年度)までに現在の東京・原宿から山梨県北杜市の八ヶ岳南麓に建設される“森の中のオフィス”へと移転する。大都会から離れて、あえて“森の中”へと移る理由は何なのか。本書は、気候変動問題、エネルギー問題、生物多様性の問題、地方の過疎化の問題など、現代文明が生み出した様々な問題の克服を目指して、自然との共生に大きく踏み出した生長の家の真意を、インタビュー、講演録、エッセイなどによって分かりやすく解説。「なぜ“森の中”なのか?」という疑問に応え、21世紀の人類が築いてゆくべき文明のあり方を示した注目の書!
→

いのちを描く―わが「光の芸術」への道― 遊馬正著 定価(本体1714円+税) 生長の家発行/日本教文社発売


最初は下手でもいいから、人生のキャンバスを、自分のいのちで描いていこう
ついに私は自立した画家になれた。絵描きとしての特別な才能があったわけでもなく、才能といえば 「一所懸命になれる」ということしかなかった。
ただ絵を描くことが好きで、「プロの画家になる」夢だけを頼りに、安定した教職を捨てて40歳間近で単身渡米した著者が、苦闘の末に生長の家の「日時計主義」の生き方に導かれ、やがてアメリカで、そして日本で夢をかなえるまでの軌跡を描く。87歳にしてなお前進する異色洋画家の感動的な自叙伝!
→

パクス・ガイアへの道―地球と人間の新たな物語〈いのちと環境ライブラリー〉 トマス・ベリー著/メアリー・エヴリン・タッカー編/浅田仁子訳 定価(本体1619円+税)

21世紀の人間の役割を宇宙的規模で考える
 文化史、科学史、比較宗教学における該博な知識で知られる米国の長老格の学者トマス・ベリーの、環境問題に関する論文と講演録からなるエッセイ集。
→

真・善・美を生きて―故 谷口清超先生追悼グラフ 監修=宗教法人「生長の家」(出版・広報部) 定価(本体2381円+税)


平成20年10月28日、89年の偉大なご生涯を閉じられ、霊界に天翔けられた谷口清超先生。本書は、平成20年12月17日に執り行われた追善供養祭の記録とともに、人類光明化運動・国際平和信仰運動の先頭に立って真理を宣布された先生のご業績とご生涯が、多数の未発表写真と主要なご著作からの文章で構成されています。尊師のご遺徳を偲び、後世にも語り継ぐための、全信徒待望の追悼グラフです。全ページフルカラー。
→

突然の恋 谷口純子著 定価(本体857円+税)

ある日突然出会った人に心惹かれ、恋におちる―― そんな、一見、自分の意志とは無関係に見える“恋”にも心の力が作用しているという。人生は、“運命”のようなものに引きずられるのではなく、あなたの心次第で素晴らしい未来が開けることがよくわかる一冊です。 【生長の家白鳩会総裁就任記念出版】
→

目覚むる心地―谷口雅宣随筆集 谷口雅宣著 定価(本体1524円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●生長の家新総裁の<普通な日常>を公開!
2009年3月に生長の家総裁を継いだ著者が、家族のこと、家庭での出来事、青春の思い出など、日常生活と自分自身について飾ることなく綴った随筆集。生長の家に関心がある方にとっても、すでに信仰している方にとっても必読の書。【生長の家総裁法燈継承記念出版】
→

樹木たちはこう語る ドロシー・マクレーン著 山川紘矢・亜希子訳 定価(本体1143円+税)

●森林破壊が急速に進む今、私たちは何をなすべきなのか?樹木が呼びかける人類へのメッセージ!
自然と交信することができることで世界的に有名なドロシー・マクレーンが、さまざまな樹木から受け取った75のメッセージをまとめた貴重な一冊です。
→

「治る力」の再発見―自然治癒力を生む生命の原理 大塚晃志郎著 定価(本体1714円+税)

あなたの「自然治癒力」を強くし、生きる力を注ぎ込んでくれるパワフルな本。
あなたの「治る力」は、もっともっと大きく育ちます。その鍵になるのは、あなたの「食生活」そして「生きる力」。世界の伝統医療と西洋医学の長所を活かす「統合医療」のエキスパートが、自然治癒力を最高に高める知恵の数々を紹介。健康ばかりか、新しい生き方までも手に入る本。
→

衝撃から理解へ―イスラームとの接点をさぐる 谷口雅宣著 定価(本体1429円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

●宗教はなぜ戦いを起こすか?
イスラームの真実について、9.11事件から7年間、著者個人のブログ上で追究してきた著者が、現時点でのその論考をまとめたもの。暴力的な面の報道が多いイスラームについて、「寛容性」「多様性」 などの平和的な内容を持つことなどを考察している。
→

人生の扉を開く《第4集》―日英対訳で読む ひかりの言葉― 谷口清超監修 定価(本体1143円+税)

●地球規模の広い視野をもたらす。
カバーイメージも一新!

本書(第4集)は「生長の家」の日めくりカレンダー『ひかりの言葉』の日英対訳版です。端的に指針が示された主文と、それを詳しく説明した脇文とからなる、毎年精選された31日分の真理の言葉は、読む人に勇気と明るい希望を運んでくれます。第4集では、1996年〜1998年版(平成8年〜10年)の3年分を一冊にまとめました。
→

神はいずこに―キリスト教における悟りとその超越 バーナデット・ロバーツ著 大野龍一訳 定価(本体2286円+税)

若い頃、キリスト教の伝統的な修行で満足のいく成果を得て、その後主婦として平凡な生活を送っていた著者を突然襲った「魂の暗夜」。自己も神も喪失するその体験はさらなる成長への始まりだった。巷に溢れる浅薄な精神世界本とは一線を画す、稀有なるスピリチュアル・ジャーニー。

→

鏡の中に―谷口恵美子詩画集 定価(本体1714円+税)

●さらりと読めて心が癒される不思議な本
日々を生きるなかで心に映った感動を凝縮、誰にも分かるやさしい言葉で綴られた詩118篇。表紙画・本文イラストにも、自作の絵を配して、読む人の目をも楽しませてくれる珠玉の「詩画集」。
→

新版 光明法語〈道の巻〉 谷口雅春著 定価(本体1524円+税)

●毎日、少しずつ読み進むだけで、あなたの人生は光り輝きます!  生長の家創始者である著者が、生長の家の光明思想を基に、明るく豊かな生活を実現するための道を、1月1日から12月31日までの「法語」(教えをやさしく説いた文章)としてまとめたものです。
→

イスラームへの誤解を超えて―世界の平和と融和のために カリード・アブ・エル・ファドル著 米谷敬一訳 定価(本体1714円+税)

●イスラームは流血とテロと暴力の宗教なのか?―「愛と平和の世界宗教」としての、イスラームの真実がわかる本。
大多数を占める穏健派イスラーム思想の精髄を明らかにし、世界の平和と融和のためにイスラームの進むべき道を示した、叡知と勇気あふれる、世界的権威からの渾身のメッセージ。
[日本図書館協会選定図書]
→

自然への介入はどこまで許されるか―事例で学ぶ 環境倫理〈いのちと環境ライブラリー〉 C・グドーフ&J・ ハッチンソン著 千代美樹訳 定価(本体2190円+税)

生態系と生活、どちらを優先すべきか? ダム建設、サンゴ礁保護、放射性廃棄物、砂漠化、遺伝子組み換え作物、狩猟など、世界各地で起こっている環境問題から12の典型例を取り出し、持続可能な社会に対する意識と態度を培っていきます。
→

もの思う鳥たち―鳥類の知られざる人間性〈いのちと環境ライブラリー〉 セオドア・ゼノフォン・バーバー著 笠原敏雄訳 定価(本体1905円+税)

鳥たちは人間と変わらない「心」をもっています。彼らの喜怒哀楽と愛情のドラマ、私たち人間との心の通い合いを、数多くの本当にあったエピソードで綴ります。世界で初めての、鳥たちの心の世界がわかる本。 [日本図書館協会選定図書]

→

太陽はいつも輝いている―私の日時計主義 実験録 谷口雅宣著 定価(本体1143円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

暗いニュースが多いと思いがちな現代社会にあって、人生の明るい面に焦点を合わせる生長の家の“日時計主義”の生き方を提唱する著者が、2007年秋出版した『日時計主義とは何か?』に続いて放つ第2弾!

【感想文大募集中(200字程度)】応募はこちらから


→

光のギャラリー―絵手紙はWeb にのって 小関隆史監修 定価(本体1429円+税) 生長の家発行/日本教文社発売

 人生の明るい面に焦点をあわせる生き方の一実践法としてとして、絵を描くことを提唱し、開設1年あまりで約6万件のアクセス数、投稿点数600 点を超えたブログ「絵てがみ教室 〜アトリエTK」が、ファンの期待に応えて書籍になりました。

【感想文大募集中(200字程度)】応募はこちらから


→

小さな奇跡 谷口純子著 定価(本体1429円+税)

四季折々の日常のなかでの思い、映画や本の感想などを心温まる文章で綴った人気のエッセイを単行本化。複雑で困難な時代を明るく前向きに生きるための“ヒント”が満載の珠玉のエッセイ集。イラスト、カラー写真も多数公開。

【感想文大募集中(200字程度)】応募はこちらから


→

自然は脈動する―ヴィクトル・シャウベルガーの驚くべき洞察 アリック・バーソロミュー著 野口正雄訳 定価(本体2476円+税)

「生きている水」の渦と脈動が、生命のエネルギーを地球にめぐらせる。現代社会が突きつけられた数々の環境問題を解決するアイデアに満ちた、数々の驚異的なエコ・テクノロジーの考案者「森の賢者」シャウベルガーの知られざる科学思想が、半世紀をへて今よみがえる。[日本図書館協会選定図書]
→

新版 幸福生活論 谷口雅春著 定価(本体1619円+税)

●何よりも必要なのは、「神」をわがものとすることである!
本書は、日々の生活を活き活きと充実したものにする心得と実践方法を、わかりやすく、生活の場面に応じて解説しています。好循環の生活パターンを身につけるにはうってつけの本です。
→

生ける宇宙―科学による万物の一貫性の発見 アーヴィン・ラズロ著 吉田三知世訳 定価(本体1714円+税)

宇宙は意味と目的を持っている! 存在と意識の謎に迫りはじめた科学的探究の最前線を概観しつつ、宗教的な直観的叡知との統合を図る、ノーベル平和賞候補、世界賢人会議「ブダペストクラブ」主宰のシステム哲学者、ラズロ博士の最新作。
→

人間関係にあらわれる未知なるもの―身体・夢・地球をつなぐ心理療法 アーノルド・ミンデル著 富士見幸雄監訳、藤崎亜矢子訳、定価(本体1619円+税)

家族、カップル間の葛藤はなぜ生じるのか? 関係のもつれをいかにときほぐすのか? 従来の心理療法に加えて、「夢」次元を扱うシャーマン的手法、自他一体を説く東洋思想、さらには量子物理学の最新概念をも取り込んだ、プロセス指向心理学(プロセスワーク)の基本概念と手法を臨床例に沿って解説。21世紀の「タオ」流サイコセラピーです。
→

新版 善と福との実現 谷口雅春著 定価(本体1620円+税)

本書は、聖書、仏典、米国の光明思想家等の言葉をひもときながら、善と福とを実現するための根本原理と実践法とを、詳説した書です。なぜ善人といわれる人々が善と福を実現できないのでしょうか。そこには四つの原因があると明示し、その原因を知る方法を第1章から第13章にわたって懇切に説いています。
→

地球を冷ませ!―私たちの世界が燃えつきる前に〈いのちと環境ライブラリー〉ジョージ・モンビオ著 柴田譲治訳 定価(本体1905円+税)

豊かな国がCO2を90%削減すれば、人類は救われる! 地球温暖化を本気で止めようと果敢に活動している、イギリスで最も著名な環境ジャーナリストによる「地球の冷まし方」。産業界も先進国もいままで避けてきた、地球温暖化問題の根本問題とその解決法をハッキリ教えてくれます。
→

昆虫 この小さきものたちの声―虫への愛、地球への愛〈いのちと環境ライブラリー〉ジョアン・エリザベス・ローク著 甲斐理恵子訳 定価(本体1905円+税)

ハエ、蚊、ゴキブリ、蜂、アリなど、身近な虫たちを中心に、その生態、虫に対する古今東西の文化、近代社会における昆虫排除の構造、さらには虫とのコミュニケーションの可能性まで、幅広い視点から掘り下げています。本書を読めば、虫に対する考えが180度変わること、請け合いです。
→

わが家の愛情レシピ―ハッピーママの子育て&自分育て えんどうえみこ著 定価(本体857円+税)

笑ったり、怒ったり悩んだりしながら、いつも明るく前向きに育児をするお母さん。子育てを中心に夫婦、親子、嫁姑、友だちと様々な人間関係を通して、自分も母親として成長してゆく姿に、頷いたり、笑ったり、共感したり……。子育ての喜びや、楽しみ、幸せ感がいっぱい詰まった、育児エッセイ&コミック。
→

新版 生活と人間の再建 谷口雅春著 定価(本体1620円+税)

生長の家の神観、人間観、世界観をもとに、聖書、仏典、米国光明思想家等の言葉を駆使しながら、幸福生活を築くための原理と実践法とが分かりやすく詳述されます。正漢字・歴史的仮名遣いであった旧版を常用漢字・新仮名遣いに改め、装いも新たに発刊されました。
→

なぜ私は、幸せではないのだろう?-人生を変える「幸せ型」思考システム ヴェルナー・クラーク 小野千穂訳 定価(本体1429円+税)

なんか私の人生っていまいち幸せじゃない、パッとしない。そう思っていませんか? そうであれば、この本は役に立つと思います。本当にイキイキ元気になれ、毎日メリハリのある人生を過ごしていただ方法が書かれています。
→

子どもは親を選んで生まれてくる 池川明著 定価(本体1150円+税)

お母さんの胎内にいたころの記憶や、生まれる前の記憶を覚えている子どもたちは実にたくさんいます。そして興味深いことに、子どもたちは「自分で親を選んで生まれてきている」というのです。お父さんやお母さんに会いたくて、必死で生まれてくるというのです。
産婦人科医の著者が調査した胎内記憶や誕生記憶などについての母子の証言から、胎児〜新生児の心の世界が見えてくる本書は、いのちの神秘さ、すばらしさを感じさせてくれます。
→

人生の扉を開く《第3集》―日英対訳で読む ひかりの言葉― 谷口清超監修 定価(本体1143円+税)

本書(第3集)は「生長の家」の日めくりカレンダー『ひかりの言葉』の日英対訳版 です。生長の家の生き方をコンパクトな一文で示し、さらにそれを短い言葉でわかりやすく解説したものです。毎年精選される31日分の真理の言葉がそれぞれ見開きで、構成されており、日本語でも、英語でも真理が学べます。第3集では、1993年〜1995年版(平成5年〜7年)の3年分を一冊にまとめました。
→

新版 人間苦の解放宣言―生長の家練成の功徳の秘密 谷口雅春著 吉田武利編 定価(本体1333円+税)

●病気、家庭問題、経済苦… あらゆる苦悩から解放される秘密がここにある!
目をみはらせる奇蹟的体験が続出する生長の家練成会。その練成会の由来や「浄心行」「実相円満誦行」「祈り合いの神想観」などの原理と実修法を解りやすく具体的に解説しながら、生長の家練成による功徳の秘密を探る。

→

異常気象は家庭から始まる―脱・温暖化のライフスタイル〈いのちと環境ライブラリー〉デイヴ・レイ著 日向やよい訳 定価(本体1524円+税)

地球温暖化を防ぐために、あなたにできることは、たくさんあります!
温暖化の原因から、日常生活との関連、今後とるべきライフスタイルまで、4人家族の米国の平均的家庭をモデルケースに、ユーモアをまじえながらわかりやすく解説。環境問題本のなかでは抜群のおもしろさです。
→

ユーモア先生 起死回生の旅 佐野イチロー著 定価(本体1143円+税)

《痛快信仰体験記、第2弾!》
●楽しい笑いと、軽やかなタッチで綴られた中にしみてくる、真理の話。真理を生活に生きるとは、こういうものかと気付かせてくれる。深い信仰生活を通じて得た人生の機微をユーモラスに語る。
→

胎児は知っている母親のこころ トマス・バーニー他著 日高陵好監訳 定価(本体2095円+税)

赤ちゃんのしあわせな人生は、お母さんのお腹の中から始まります。
本書は、これから赤ちゃんを産まれるお母さん、また、お子さんが生まれたばかりのお母さんにぜひお読みいただきたい、0歳児から3歳児までのお子さんの心をハッピーに、強く、元気に育てるための、科学的なアドバイスです。
→

わたしが肉食をやめた理由〈いのちと環境ライブラリー〉ジョン・ティルストン著 小川昭子訳 定価(本体1200円+税)

バーベキュー大好きの自分がなぜ菜食主義になったのか?
ディナーパーティーで自分の立場をうまく説明したい。そうした動機から、中年の経済ライターである著者は、菜食の意義を探求する道へと乗り出した。自らの「転向」のプロセスから、環境・食糧問題、健康への影響、屠畜にまつわる倫理的問題まで、声高な正義感からではなく、体験とデータに基づいて平易に綴られた異色のエッセイ。
→

永遠の別れ−悲しみを癒す智恵の書 キューブラー・ロス/デーヴィッド・ケスラー 上野圭一訳 定価(本体1750円+税)

「悲しみがあるなら、泣いて良いのよ。我慢することなんかいらないの!」
数万人もの死にゆく人の最後を看取ってきたロス博士が、「愛する人を失った人」の深い悲しみを癒す方法を具体的に詳述。長い療養の末なくなる人、災害や事故で急になくなる人、認知症になってなくなる人など、さまざまな「愛する人の死」への対処法をケースバイケースで解説していますので、どなたが読んでも役に立ちます。そして、本書そのものが、ロス博士が死ぬ直前に残したメッセージなのです。
→

教育ワンポイント・アドバイス−すぐに役立つ親と教師の大切な心得ー 鎌 稲蔵著 定価(本体1000円+税)

●この世に悪い子供は一人もいない!
生命の絶対的な尊さを信じる教育によって子供も親も教師も救われる!
人間の生命は、本来、完全で円満であるとの信念のもと、「褒める教育」を永年教育現場で実践してきた著者が、親や教師のために子育てのポイントをやさしく綴る。著者の数々の指導例から、今、日本で求められている教育のあり方が見えてくる。
→

日本語の心−ことばの原風景をたずねて 呉善花 定価(本体1429円+税)

日本文化に限りない愛情と深い関心をいだき続ける著者が読み解く、日本人が忘れてしまった日本語の魅力!
日本語の成り立ちには、豊饒で多彩な日本の自然が密接に関わり、高い精神性や繊細さを生んでいることに、深い驚きと興味を感じた著者が読み解く、たおやかな日本語論。
→

秘境 谷口雅宣著 定価(本体1333円+税)

「文明的な生き方」VS「自然にそくした生き方」。これら2つの生き方は“二律背反”のため、両立させようとすれば、そこに矛盾や葛藤が生まれます。と言って、二者択一は現実的ではありません。「矛盾」や「葛藤」をどう克服したらいいのか。その解決策を“小説仕立て”で書いた本です。

【感想文大募集中(200字程度)】応募はこちらから


→

日々読誦三十章経〈ブック型〉谷口雅春著 定価(本体952円+税)

これまで折本型のお経として親しまれてきた『日々読誦三十章経』が、ブック型の聖経として発刊されました。あなたの生活に本当の自由と健康と幸福を運んでくれる日々の祈りの言葉。
→

一番大切なもの 谷口清超著 定価(本体1143円+税)

宗教と環境問題をつなぐ視点――
本書を読めば、地球環境問題とは、実は一人ひとりの「心」の問題であり、環境問題の克服のために、本当に改善しなくてはならないのは、「結果」であるところの「環境」というより、むしろ「原因」であるところの「心」であることがわかる。
→

生命の聖なるバランス―地球と人間の新しい絆のために デイヴィッド・T. スズキ著 柴田 譲治訳 定価(本体2095円+税)

地球上の全生命を支える「4つの聖なる力」を守るには
 太古の人々がスピリチュアルなものとみなしてきた自然の「地・水・火・風」という4つの力は、精妙なバランスをとって地球上の全生命を活かしてくれています。  その不思議なメカニズムを、生物学者で世界的な環境活動家のスズキ博士が、科学ドキュメンタリー番組の司会者としての語り口で、わかりやすく語ってくれている本です。
→