header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
新刊情報(日本教文社) > 新刊情報 > なぜ私は、幸せではないのだろう?-人生を変える「幸せ型」思考システム ヴェルナー・クラーク 小野千穂訳 定価(本体1429円+税)

なぜ私は、幸せではないのだろう?-人生を変える「幸せ型」思考システム ヴェルナー・クラーク 小野千穂訳 定価(本体1429円+税)

本書の著者クラークさんは、ドイツとアメリカで心理療法の研究をし、長年、多くの人たちの「何となく不幸な人生」を立て直してきたプロフェッショナル。

クラークさんが語る最も大事でベーシックな2つのこと。それは、

●人生はリスクやストレスやフラストレーションがあってこそ楽しい。
●努力し、行動する人は必ず幸せになる。


ということ。

なぜでしょう? 

人生では誰もが努力せずラクをしたいし、思い切った決断や行動をしたくないし、リスクを避けたいし、ストレスやフラストレーションは無いにこしたことがない……と思っています。

しかしそれでは、自分の人生を周りの状況に委ねてしまうことになり、
いつになっても他人のコントロールを受ける人生のままです。

努力と行動、そしてフラストレーションに耐えることで、あなたは自分の人生を自分で舵取りできるパワーを手に入れます。

クラーク博士は、今はモヤ〜ンとしているあなたの人生に、明確に
「夢と目標の設定」→「正しい思考」→正しい努力」→「達成」→「真の幸福」という、ボヤキやうつや無気力からおさらばできるラインを導入してくれます。

ベートーヴェンの国ドイツ流の心理学は、あなたにけっこうキツイことを言うかもしれませんが、
覚悟してついて来ていただければ、必ずあなたにゴマカシや逃げのいらない本当の幸福な人生を約束します。
インスタントで手っ取り早い成功法や幸福論でなく、信用のおける本書をぜひお読みいただき、
あなたの人生から「心のゴミ」を一掃してください。

あなたの命のモーターは、本書のパワーでフル回転し始めるでしょう!



ケータイからも購入できます。


●本書であなたが学べるレッスン●
転職しても定年退職してもあなたの人生は本質的に変わらない(かも)。お金があっても未来になっても、今のあなたの心のあり方はずっと自分についてくるから。
フラストレーションに耐える力を養えば、あなたは周りの状況に振り回されなくなる(人生をまわりの状況次第にしない人になれる)。
「イエスマン」になってしまうと、あなたは他人をコントロールしたがる人に好かれてしまう。
あなたは何のためになら「徹夜」してもいいと思いますか? 報酬がなかったとしてもやりたいことは何ですか? それがあなたの理想の仕事です。
何をしていいか分からない時は、心の中で「未来の自分のアルバム」をイメージし、そこに映った未来の自分の姿をリアルに描写してみればいい。
あなたがこの世を去るとき、人々に自分のことで何を覚えておいてほしいですか? それを考えてみよう。
「それ自体」が面白い物や行動はない。あなたが心の焦点を当てた物や行動が面白くなってくるものだ。
「満足」と「幸福」はラクな状態からでなく、「努力」と「達成」のフロー(流れ)がきれいに循環しているところから生まれる。
人生では多くの場合、するのが最もためらわれる事をするといい。そこにあなたの真のニーズがある。
あなたが人生のエネルギーを自分のためでなく他人のために使う時、リスクを超えるパワーを手にする。
現実や他人への見方がゆがんでいる場合、あなたのポジティブ思考はうまく働かない(結局、正しいアクションがとれないから)。
「時間がない」という時、あなたは「他に重要だと自分で見なしたこと」ばかりをやっているものだ。
人生で最大のリスク――それは、リスクを全部取り除こうと思うこと(これが先延ばし病やリスク回避病の原因です)。
原因や責任を他人に求めていると、あなたは困難や危機に再び出くわしたら、すべてを繰り返してしまうでしょう。
あなたが努力から逃げることの最大の問題は、人生のコントロール権を他人に明け渡してしまうことです(不平不満だらけになっても当然)。
あなたがはっきり「ノー」と言えないのなら、はっきり「イエス」とも言えないでしょう。
限界のことばかり考えていると、それがあなたの限界になってしまいます。
「100%適切な状況」や「100%理想的な状況」というのは実際にはやって来ません。それを待つのは単に時間のムダです。

■本セラピーでのクライアントの自己改善プロセス■

本書を読まれた方も、きっとヴェルナーさんのセラピーを受けたのと同様な、心の回復コースをたどることでしょう。

1. クライアントさんがセラピーに来る(本書を読み始める)
           
2. クライアントさんは、自分についてのみじめな/いや〜な/コンチクショーな思考を抱えている
【「俺は/私は、ダメな人間なんだ……」】
           
3. 同時に、みじめな/いや〜な/コンチクショーな気分におちいっている
【「とうとう、うつ状態になっちゃった……」】
           
4. セラピー開始
【「確かに、自分はここから脱出するために何かやらなくちゃ……」】
           
5. ゆっくりと、クライアントさんの思考が変わっていく
【「今までの自分の言動はアホだったかも。でもこれからはもうちょっとましにできるんじゃないか?」】
           
6. 思考の枠組みが変わっていくと、感情も変わっていく(新しい感情)
【「気分が前より良くなってきたし、もう「うつ状態」じゃなくなってきた」】
           
7. 思考と感情が変わると、行動面も変わっていく
【「あれ? 俺/私でもうまくやれるじゃん」】
           
8. 今やクライアントさんは
 *「新しい」思考
 *「新しい」感情
 *「新しい」行動
を手にする
【「俺は/私はもう、ダメな人間じゃないかも。嫌な気分もずいぶん良くなった。何か新しいことをやりたくなってきたぞ。」】
           
9. そして、今の自分の状況に全体的に満足できるようになる
【「人生が、なんかいい方向に変わり始めているような気がする」】
           
10. クライアントさんは、他の問題にも自分で取り組むことができるようになる
【「新しい思考の枠組みを、人生の他のエリアで試してみよう(友人、恋人、夫婦関係、仕事面で」】

《読者の声(Amazonドイツ、著者へのお手紙から抜粋》

*心理療法の豊かな経験から、表面的でなく非常に実際的に、また読者にエネルギーを与える多くの実例をまじえて書かれている。自分は本書のおかげで精神的な危機を乗り越えることができ、また、恋人も再びできた。(H)

*多くのカウンセラー本のように「手っ取り早い」解決法の紹介でなく、中身のある深いレベルで書かれた本。読み返すたびに勇気がわいてくる。

*自分が今まで、同じ心理的な過ちを犯してきたことに気づかされた。適切な行動とは、自分についてよく知ることから始まるのだと思う。

*欲求のお手軽な満足でなく、人生を本当に根本から転換させ、長期にわたる満足を得るためのアドバイスがつまった本。(E.F)

*人生において何が間違っているのかを教えてくれ、自分の人生を再びこの手につかむ手助けをしてくれる本。(B.K)

*本当の幸福について書かれた、私が読んできた中で最良の本。みじめな自分から脱却し、人生を本当に望む方向へもっていくための有効な手だてが書かれている。

*私たちの多くは、「手っ取り早い幸せ」を探し求めていないだろうか? そのための努力とかはしないのに。本当の幸せをつかむためには、しなければならないことがあるのだ。私にとってこの本は、生き方のマニュアルのようなものだ。(A.K)

*やっと本物の助言者に出会ったという気がします。私たちがただ生きているというのでなく、どんなふうに生きたほうが幸せなのかということを、この本の著者は指摘しています。
 そのためには、未来のイメージを育て、恐れを克服して、勇気をもつこと。困難があっても、自分の選んだ道を行くこと。私はこの本を信用して、煮え切らない関係に終止符を打ち、新しい男性を探しました! 結果は大成功。新しい恋人が見つかったのです。(S)

【著者紹介】ヴェルナー・クラーク(Werner Krag)
ドイツ・ミュンスター大学、米国フォート・ワース・テキサス大学、カリフォルニア大学の人間研究センターでゲシュタルト療法、認知療法、論理情動療法など各種心理療法を学ぶ。ミュンスター大学病院で心身症患者の心理療法インターンとして従事した後、ドイツ・オスナブリュック大学で心理学の博士号を取得。また同時期に、自然療法医の資格を取得。現在、心理療法カウンセラー、自然療法医として診療所を経営。個人、企業、グループを対象にカウンセリングも行う。

【訳者紹介】小野千穂(おの・ちほ)
 熊本県立女子大学を卒業後、渡米。サウジアラビア、中国、カナダを経て、現在ドイツ在住。ライター、英語、中国語、ドイツ語通訳、翻訳家。著書に『素顔のアラブ』(三修社文庫)、『旅。中国みつけた!』(サンケイ出版)、『上海、劇的な…いま!』(朝日ソノラマ)、訳書に『気の人間学』(矢山利彦著、講談社インターナショナル、英訳)、『天国の住民が教えてくれること』(ポール・ミーク著、新紀元社、邦訳)『ペットたちは死後も生きている』(ハロルド・シャープ 著、日本教文社、邦訳)がある。
http://www.onochiho.com/index.html