header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
新刊情報(日本教文社) > 新刊情報生長の家関係 > 新版 善と福との実現 谷口雅春著 定価(本体1620円+税)

新版 善と福との実現 谷口雅春著 定価(本体1620円+税)

●人間が健康で幸福に、そして繁栄するための第一の鍵は何でしょうか。それは、自分は今の現実の自分よりも、可能性や潜在能力において、一層偉大なる力を有するものであることを自覚することです。

本書は、聖書、仏典、米国の光明思想家等の言葉をひもときながら、善と福とを実現するための根本原理と実践法とを、詳説した書です。なぜ、善人といわれる人々が必ずしも善と福とを実現できないのでしょうか。
「序文」の冒頭では、善人が幸福になれない心の原因を次のように示しています。

その1ー自分は悪いことをしない良い人間であるという高慢さ。
その2ー自分の決めた善の基準のみから他人を批評する。
その3ー善という枠にとらわれて自から自分を縛ってしまう。
その4ー自我の力に固執して神の無限の力を拒絶する。

これらの原因を知り、心の持ち方を変えることでえられる幸福に至る道を、第1章から第13章にわたって詳説しています。

さらに「序文」では、本書の読み方を次のように示唆しています。


先ず9章の「牝鹿(めじか)の脚(あし)」の話を読み、それから13章の「幸福の世界に出る法」を読 み、1章から順次読み進むと善と福とを実現する原理がより分かりやすい。

その、第9章には〈「牝鹿(めじか)の脚(あし)」の話〉という興味深い物語が収録されています。

善と福を実現するための「幸福の哲学」とは何かを、「牝鹿(めじか)の脚(あし)」の前脚と後脚をたとえに、読者を不思議な物語に引き込みながら紹介してゆきます。

人間も、その生活の高層に登るには、その心が「牝鹿(めじか)の脚(あし)」のようであらねばならないのである。後脚が前脚の行ったあとをぴったり踏む様に、人間の潜在意識は現在意識の欲するところを、ぴったりと信じ進まなければならないのである。そして動物が高所に登るには前脚と後脚との関係が最も完全なる相互作用をもっていなければならないと同じように、人間も高き自由なる境涯に上るには現在意識と潜在意識との間に最も完全な相互作用をもっていなければならないのである。

それでは、その後脚はどうしたら前脚の踏んだ道を正確に歩むことができるのでしょうか。答えはぜひ、本書をお読み下さい。

このほか、繁栄と健康と幸福を得るための心の活用法を詳解しています。

善と福とを実現するためには、
善のみの世界を祈り、
善のみを語り、
善のみを信じ切ることの大切さを語る本書は、
神、人間、心の関係から説いた宇宙の摂理が明示された読み応えある不朽の名著といえましょう。


ケータイからも購入できます。


新版にするにあたり、昭和23年に初版刊行された旧版の正漢字、歴史的かな遣いを常用漢字、新かな遣いに改め、活字も大きく読みやすくいたしました。

【目次より】
第1章 善と福との実現原理としての神
第2章 罪の消え方に就いて
第3章 人間不滅の話
第4章 浄土のあり方に就いて
第5章 釈迦成道会に因みて
第6章 臨終の大事に就いて
第7章 四無量心の展開
第8章 何故此の世界に不完全があるか
第9章 「牝鹿の脚」の話
第10章 生長の家の神は「根本中」也
第11章 心を澄まして聴く
第12章 思索と体験
第13章 幸福の世界に出る法


【著者紹介】 谷口雅春(たにぐち・まさはる)
「生長の家」創始者。明治26年11月22日、神戸市に生まれる。大正3年早稲田大学英文科中退、求道生活に入る。やがて「人間・神の子」善一元の世界、 万教帰一の啓示を受け、この真理を万人に伝えたいとの悲願の下に個人雑誌『生長の家』 を昭和5年3月創刊。以後、同誌の普及と共に、教化団体「生長の家」を経て、宗教法人 「生長の家」へと発展。昭和5年以降一貫して「生長の家」の教えを全世界に宣布する。 昭和60年6月17日、満91歳にて昇天。