header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
新刊情報(日本教文社) > 新刊情報生長の家関係 > 人生の扉を開く《第4集》―日英対訳で読む ひかりの言葉― 谷口清超監修 定価(本体1143円+税)

人生の扉を開く《第4集》―日英対訳で読む ひかりの言葉― 谷口清超監修 定価(本体1143円+税)

●地球規模の広い視野をもたらす。
カバーイメージも一新!


 本書は生長の家前総裁・谷口清超先生が監修されてきた日めくりカレンダー『ひかりの言葉』の日英対訳版です。これまでに第1集(2005年刊)、第2集(2006年刊)、第3集(2007年刊)と3冊刊行され、不透明な時代を生きる人々に光をもたらすメッセージ集として好評をいただいております。

 今回はその第4集、1996年〜1998年の三カ年分を一冊にまとめました。端的に指針が示された主文と、それを詳しく説明した脇文とからなる、毎年精選された31日分の真理の言葉は、読む人に勇気と明るい希望を運んでくれます。



ケータイからも購入できます。


1996年の「12日の言葉」を紹介いたしましょう。

常に微笑(び しょう)せよ、少なくとも今日一日は必ず微笑せよ


英訳は次のとおりです。

Always smile! At least for today be sure to smile!



(本文イメージ)


さらにこの言葉の解説が日本語と英文で続きます。

 私たちはいま、環境問題やグローバル化した経済問題など、地球規模でものごとを考えなければならない時代に遭遇し、個人の欲望を超えた広い視野に立った生き方が求められています。この「人生の扉を開く」シリーズは、そんな時代にこそ、ますます光を放ちます。

 本書を日々読むことで、これまでの生活を振りかえり、地球規模の広い視野から生活を見直し、幸福な人生の扉を切り拓いて行ってほしいと願います。
第1集第2集第3集に寄せられた読者の声を紹介します。

●「小振りな本なのでハンドバックに入れて持ち歩いています」
●「英文も一緒に記されているので英語の勉強になりました」
●「友達にあげたら人生が明るくなったと喜ばれた」

プレゼントにも最適な一冊です。

【監修者紹介】 谷口清超(たにぐち・せいちょう) 生長の家第二代総裁。大正8年(1919)10月23日、広島市に生まれる。東京大学文学部を卒業。昭和17年(1942)、『生命の實相』にふれて深い信仰体験を得る。やがて生長の家創始者・谷口雅春氏に師事。昭和21年(1946)、谷口雅春氏の長女、谷口恵美子・生長の家白鳩会総裁と結婚。昭和21年以後、生長の家副総裁として日本全国はもとより、海外に教えを宣布する。昭和60年11月、生長の家総裁の法燈を継承。平成20年(2008)10月28日、ご逝去(満89歳)。

主なご著書には『正法眼蔵を読む』上・中・下巻をはじめ、刊行中の谷口清超新書文集全10巻、『智慧と愛のメッセージ』『伸びゆく日々の言葉』『神想観はすばらしい』『「甘露の法雨」をよもう』『人生はレッスンである』『ステキな生き方がある』『何をどう信ずるか』(いずれも日本教文社刊)など多数がある。 ☆谷口清超著作一覧はこちらでご覧になれます。