〈カーライル選集2〉 トマス・カーライル著/入江勇起男訳 定価(本体2900円+税) デジタル・オンデマンド版"> 英雄と英雄崇拝<FONT COLOR="#a52a2a">〈カーライル選集2〉</FONT> トマス・カーライル著/入江勇起男訳 定価(本体2900円+税) デジタル・オンデマンド版 | 新刊情報(日本教文社)
header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
新刊情報(日本教文社) > デジタル・オンデマンド版新刊情報 > 英雄と英雄崇拝〈カーライル選集2〉 トマス・カーライル著/入江勇起男訳 定価(本体2900円+税) デジタル・オンデマンド版

英雄と英雄崇拝〈カーライル選集2〉 トマス・カーライル著/入江勇起男訳 定価(本体2900円+税) デジタル・オンデマンド版

●世界的に知られている名作。1860年に六回にわたって行なわれた講演を刊行したもの。史上偉大な役割を果たした人々をその活動分野に従って六つに分け、あくまでも透徹した批評精神によって、人の外的事情と内的心理の変化を忠実に描き出す。

【目次】
第一講 神としての英雄ーオウディン 異教・スカンディナヴィアの神話
第二講 予言者としての英雄ーマホメット・回教
第三講 詩人としての英雄ーダンテ シェイクスピア
第四講 牧師としての英雄ールーテル・宗教改革 ノックス・清教
第五講 文人としての英雄ージョンソン ルソー バーンズ第三十三講 女性的ということ
第六講 帝王としての英雄ークロムウェル ナポレオン 近代革命主義
訳者あとがき
索引


【著者紹介】 トマス・カーライル(1795年12月4日-1881年2月5日)
スコットランドの歴史家・思想家・評論家。その言論に対して欧米でのファンは多く、日本でも、夏目漱石、内村鑑三などにも影響を与えたことで有名。「時間も空間も人間が身に着けた衣裳:感覚の一つに過ぎない」とした『衣服の哲学』や、「世界の歴史は英雄の歴史である」という立場から,歴史に影響を与えた「英雄」としての予言者、詩人、高僧、文士、また王者について論じた『英雄と英雄崇拝』は、ともに彼の代表作。

388頁(シリーズ初版発行時の月報も巻末に入っています)
A5判並製カバーなし(デジタル・オンデマンド版)
ISBN978-4-531-02642-5
定価(本体2900円+税)

ケータイからも購入できます。


レビュー(感想)を投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)