〈エマソン選集4〉 ラルフ・ウォルドー・エマソン著/原島善衛訳 定価(本体3600円+税) デジタル・オンデマンド版"> 個人と社会<FONT COLOR="#a52a2a">〈エマソン選集4〉</FONT> ラルフ・ウォルドー・エマソン著/原島善衛訳 定価(本体3600円+税) デジタル・オンデマンド版 | 新刊情報(日本教文社)
header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
新刊情報(日本教文社) > デジタル・オンデマンド版 > 個人と社会〈エマソン選集4〉 ラルフ・ウォルドー・エマソン著/原島善衛訳 定価(本体3600円+税) デジタル・オンデマンド版

個人と社会〈エマソン選集4〉 ラルフ・ウォルドー・エマソン著/原島善衛訳 定価(本体3600円+税) デジタル・オンデマンド版

●奴隷問題が表面化し、南北問題が勃発した。アメリカの内乱は、多くのアメリカ知識人の場合と同様、エマソンにとっても大きな試練となった。ここにエマソンの社会批評家としての一面を表す論文を収めた。

【目次】
若いアメリカ人
改革者としての人間
ニュー・イングランドにおける改革者たち
政治について
時代について
女性について
戦争について
社会の目的
貴族主義について
逃亡奴隷法について
エイブラハム・リンカーン
訳者あとがき
索引


【著者紹介】 ラルフ・ウォルドー・エマソン(1803年5月25日 -1882年4月27日)
アメリカの思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。自然と人間との関係を深く考察したエッセイは、欧米で多くの信奉者を得ただけでなく、日本では宮沢賢治や北村透谷、福沢諭吉などの思想家や詩人、文学者に大きな影響を与え、近年では環境保護運動の精神的な支えの一つになっている。『美について』『代表的人間像』は、ともに彼の代表作。

340頁(シリーズ初版発行時の月報も巻末に入っています)
A5判並製カバーなし(デジタル・オンデマンド版)
ISBN978-4-531-02634-0
定価(本体3600円+税)

ケータイからも購入できます。


レビュー(感想)を投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)